オイルショックによって開発

給湯器それぞれの概要、メリット

ガス給湯器が現在国内では一番普及している方式です。
しかし石油給湯器も多くの住宅に使用されています。
従来までは貯湯タンクのタイプの石油給湯器が中心でしたが、現在ではガス給湯器と同じように使用することができる瞬間式も増えてきています。
オイルショックで需要が大幅に落ちたことによって、瞬間式や便利な様々なタイプが開発されていきました。
現在では壁に掛けることができる壁掛けタイプのものも販売されていて、設置場所に困ること無く設置することができます。

石油給湯器の燃料となる灯油は、石油ファンヒーターに使用する灯油を使うことができ、ガソリンスタンドなので買うことができます。

便利なタイプがたくさん

様々な注意点

ガス給湯器はガスを燃料にしてお湯を沸かすタイプです。
水栓をあけるとバーナーに火が付いて、それを燃焼することで水を温めます。そうすることで瞬間的にお湯を作ることができます。
使用する時に必要な分だけお湯を沸かす瞬間式の給湯器です。
ガス給湯器にも様々なタイプがあります。

■ガス給湯器のタイプ
ガス給湯器はキッチンなどの家の中なら給湯できるので、浴槽にもお湯を貯めることができます。
給湯器はお湯を作るというだけなので、追い焚きをすることはできます。
ですからお湯が冷めたら、熱いお湯を足していって温度を高くしていきます。
お湯はりは、給湯器から落としこむタイプの高温水洪給方式、お湯はりが風呂アダプターからやり差し湯タイプがあります。

ガスふろがまは風呂釜の機能を持っているタイプで浴槽にためた水からお風呂を沸かしていきます。
お風呂が冷めた場合でも追い焚きをができるので、残り湯を沸かすこともできます。
ガスふろがまはシャワーがついているタイプもあります。

ガス風呂給湯器はふたつの機能を持っています。
ひとつめの機能はキッチンなどで使用するタイプのガス給湯器です。ふたつめの機能は風呂釜の役割は果たす機能です。
お風呂を沸かすこともできて、さらに追い焚きもでき、キッチン、洗面所でお湯を使用することもできます。
設置場所を選ばず設置できるフリータイプのものと浴室の近くに設置する浴槽隣接設置タイプがあります。

現在石油給湯器にも負けず市場普及しているガス給湯器は様々なタイプがあり、便利になっています。